--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.10 *Tue

ツボをとにかく書き隊・4

拍手から色々と教えていただき、ありがとうございます!
昨日の書き隊も、ちょこっと直してあります。
(Tさま、ありがとうございます!スッキリ!!)
あと、ステキ情報もありがとうございます!
・・・マジですかー。それはニヤニヤする!(笑)
(Kさま、ありがとうございます!)

さて。
なぜか最近、夏の梅芸公演のチケットが、
少しずつ増えている、わたくし。
最初は2回だったんですけど・・・今は4回に。
・・・まだ増えそうな予感。ひぃぃー(;´Д`)(貧乏なのに)
どんな作品か全然知らないまま、というのが怖いですが、
あのポスターみたら、とりあえず楽しそうだし良いか!と(え)
でも、バウも気になるんですよね~咲ちゃん&翔くん。
もうちょっと時期をズラしてくれたら行けるけど・・・うーん。

そんなこんなで、ちょっとずつ観劇回数が増えている自分に、
なんだか懐かしくなったり、恐ろしくなったり(笑)
きっと、あの青春まっさかりのような時期は、
もう来ない(というかきたら困る)とは思いますが、
どうにか程々に・・・いい距離を図りながら、
これからも宝塚を愛でていこうと、改めて思いました(笑)
フィラントだからね!お気楽に楽しみたいからね!!!


では、なんかだ終わらない書き隊の続き。

☆ネタばれ注意☆





まなはるのお披露目を終え(違)、ちぎあゆ教会での誓い。

●ブエノスアイレス
いろんな場面で出てきた大きな窓のセットと、
ステンドグラスのようなセットだけの場面ですが、
すごくシンプルで、好き。

「初めてきたのに、なぜ懐かしいんだろう」
「きっとパリに似てるからよ。遠く離れた場所なのに」
「だからかな、こんなに懐かしいのは」

・・・どんなけ懐かしいねん!(・∀・)
と、毎回突っ込んでました。それだけ(笑)(↑台詞は適当)


この場面で大好きなのは、2人の歌。
んもー・・・・ほんっっっとに大大大好きな曲です。
ちょっと盛り上がりすぎなほど盛り上がって、
そこからまだ盛り上がる!?ってほどの曲なんですけど(笑)、
そこがまた良い!!!すごく綺麗な旋律でときめく!!
私が好きなのは、
「永久に変わらぬ この愛 翼にのせて♪」
みたいな歌詞(ちょっと記憶がアヤフヤですが)
その後に「ロモラ♪」とヴァーツラフが歌うんですけど、
それがすごく愛に溢れてて、優しくて優しくて・・・
とにかく君が好きだー!!って気持ちが溢れ出てるのが、
彼らしくていいな~と思いました。
なにも隠さず、すべてをさらけ出すような。そんな純粋さ。

あと、歌の前(だったかな?)に、
ロモラを後ろからきゅっと抱きしめるヴァーツラフが最高!!
すごい優しいの!でも、すごい顔近いの!!(笑)
いや~・・・あゆっち、いいな!(え)


歌い終えた後、2人で膝をついて祈り、
そのままキスをするのも大好き。
ちぎ太さん的に苦しい体制からのキスに見えますが、
とりあえずヒロインとのキスシーンもあって良かった!と、
無駄にホッとする場面でもあります(どういう意味)


●セルゲイとの決別
・・・さぁここから、苦しみの旅が始まります(ニヤリ)

ヴァーツラフとロモラの清く美しい誓いの後、
舞台上手側に亡霊のように佇む、セルゲイ。
・・・新聞片手に微動だにしないセルゲイさんは、
非常に怖いです。なんというか、壁みたい(え)
で、そのまま怒りにまかせて、机に新聞を叩きつけるセルゲイ。
ひいぃーーーーーーーーーー(((( ;゚д゚)))
(勢いよすぎて新聞が落ちた時は、もう一度拾って叩きつけてた)
(あと、叩きつけた後に落ちそうになった時、
 見事にナイスキャッチしてて、ちょっと笑いそうになった)
(が、全く笑える雰囲気ではなかった)(当たり前)

2人の結婚を知ったセルゲイは、
ヴァーツラフに裏切られたショックを歌にぶつけますが・・・
ここの曲が、また、これ、すっばらしい!!!!
昨日、2幕最初のヴァーツラフ&セルゲイの歌が一番好き、
と書きましたが、この曲も相当好きです。
なにが素晴らしいかというと・・とにかく、セルゲイ。
というか緒月さん。
ステキすぎる!!!!。・゚・(ノД`)
ただ怒りに身を任せてるだけじゃなくて、
すごく深い深い悲しみが滲みでてて・・・それが泣ける!!

「私を捉えた眼差し」とか「私を惑わせた唇」とか、
なかなかハラハラする歌詞もあるんですけど、
そんな愛がすべて憎しみに変わる、と歌うセルゲイが、
誰よりも傷ついているようで・・・苦しくなります。

でまた、ヴァーツラフとの歌の掛け合いがキュン!!!
私が、この作品で一番印象に残ってる歌詞が、
「僕は羽ばたく セルゲイという名の鳥籠から」
というヴァーツラフの歌(↑ニュアンスですけど)
「セルゲイという名の鳥籠」・・・名言ですね!(え)
愛する人との新しい生活への希望にイキイキしながら、
力強く歌うヴァーツラフ(下手側)をよそに、
憎しみと悲しみという絶望の淵をさまようセルゲイ(上手側)という、
2人の対比が・・・ものすごく切ない。
別に、特にセルゲイの味方なわけではないですけど、
なんでこんなに切ない気持ちになるんだろう、と考えると、
やっぱり緒月さんの芝居力だろうな~と。
悲しみとか、苦しみとかの表現が、すごく深い。
泣いてるとか、眉間にしわを寄せてるとか、
そういう表面的ではない何かが、直接心に届くというか・・・。
無意識のうちに、感情移入してしまう魅力があるんですよね。
いや~すばらしい役者です、緒月さん。

あと好きなのが、2人がすれ違う瞬間。
上手と下手の位置を入れ替えるために、すれ違う時、
一瞬だけ、センターで止まるんですけど・・・・
そこが・・・最高にツボ!。・゚・(ノД`)
たしか、その部分のセルゲイの歌詞が、
「過ぎし日の温もりも」みたいな感じでして(←あやふや)
その歌詞に合わせて、ヴァーツラフも過去を思い出すような、
懐かしい表情をするんですよ・・・それが!キュン!!

まるで、決別しようとしている2人が、
同じ時に、一瞬だけ過去の温かい思い出を振り返り、
懐かしんでるかのような・・・ものすごい切なさがあって!
本当に一瞬(4小節くらい)なんですけど、
その瞬間だけ曲調も変わり、時も止まるような感覚があって・・・
原田先生、良い演出するわーーーーー!と感動しました。

・・・細かい上に伝わらない説明で申し訳ないですorz


その後の、台詞のやり取りも好き。
これが私の愛に対する答えか」(←あやふや・・・)
結婚の自由も認められないのか!
・・・認められると思ってたんか!そら無理やろ!(;´Д`)
(↑やぁさん、心の突っ込み)(笑)


「団員である前に、僕は一人の男だ!」と、
必死に主張するヴァーツラフに言うセルゲイの一言が・・・
「言いたいことはそれだけか・・・よろしい」で。
この「よろしい」が、なぜか大好物な私(・∀・)(ニヤリ)(え)
特に意味はないのに、好きな台詞です(笑)


●彷徨うニジンスキーバレエ団
そんな訳で、セルゲイに解雇されたヴァーツラフ。
彼は自らのバレエ団を立ち上げ、
いつの間にか生まれてた(笑)娘のキラと妻・ロモラと共に、
各地を転々とします。

でも、踊ることの能力しか秀でてない彼に、
バレエ団を経営する力はなく・・・
自分のレパートリーもセルゲイに上演権を握られ、
どこへ行っても、記者や団員から追い立てられます。
そんな中で、必死に「もう少し待ってくれ!」と弁解しながら、
妻と娘を庇ってるヴァーツラフが男前。

ここの記者とか市民とかのコーラスが大好き!
特に最後の「どうするんだ~ヴァーツラフ♪」のあたり。
みんなが順々に異議ありポーズ(え)をしていき、
最後に全員でビシッと指さして、ジャンッと決まるのが気持ちいい!
そして、ひそかにセンターにいるゆめみ姉さんにキュン!(笑)
指差しポーズがかっこよすぎるよ!!!

この場面だったかな?
最初にマリーとアドルフが出てきて、ちょっと歌うんですけど、
そのアドルフソングが、微妙に面白い(え)
腹筋使って歌ってます感がステキです。頑張れ、せしこ。
あと、ミハイルも出てきますが、
彼はヴァーツラフのことを心配してくれてるみたいで・・・
今更ながら、高感度アップです(ほんと今更)


で、なんか色々巻き込まれて、一家はブダペストで軟禁状態に。
最後、警察につれていかれる時も、
家族を守ろうとしてるヴァーツラフにキュン。



・・・次で芝居は終わるかなー。
とりあえず、大好きな決別のシーンが書けてスッキリ!

CATEGORY : ニジンスキー

COMMENT

はじめまして
初めてコメントさせてもらいます。
バウ観に行けなかった私の頭の中は、やぁ様の感激報告とスカステのとぎれとぎれの映像で「脳内妄想劇場」を繰り広げています。
こんなに観に行けばよかったーっと後悔した作品は久しぶりです。といっても私は地方在住、子供がいる身、どう頑張っても無理でした。
続き、すごく楽しみにしてますよー。ますます私の妄想劇場が充実します!
DVD出てほしいですよねー。即予約です!
2011/05/10(火) 13:54:15 | URL | かなこ #bOurk9sE [Edit
山岸涼子さんの「牧神の午後」をチラ見しながら拝読しています♪
幸せな時のお芝居があって良かったです(ホッ!?)
でも、緒月さんの迫真の演技、本当に楽しみです。
ディアギレフって本当にニジンスキーを愛していたんですね!!可哀想~!!!
2011/05/11(水) 23:00:25 | URL | majominarai #s3Yh5d3. [Edit
☆コメントありがとうございます!☆
>かなこさま
コメントありがとうございます~!!
お役に立ててると、とてもうれしいです!!よかった!
スカステで、どの程度まで流れてるか分かりませんが、
私の曖昧な記憶(妄想)と共に楽しんで頂ければ、
自己満足ながら、書いたかいがあるというものです!
本当に、こういう作品こそDVD化すべきですよね~・・・。

>majominaraiさま
おぉ~~私もちょっと読んでみたいんですけど、
なんかさらに妄想が広がりそうで、怖くて読んでません(え)
緒月さんの芝居は・・・本当に必見です!
全く隙がなさそうなのに、ヴァーツラフへの愛が絡むと、
いたるところが隙だらけになるのが(笑)
すごく人間くさくて好きです♪
2011/05/12(木) 01:33:56 | URL | やぁ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

やぁ

Author:やぁ
日々ゆらゆら生きている、
やぁと申します。
宝塚&その他舞台演劇が
大好きです!!

ご贔屓さまが卒業された後、
のーーんびり宝塚観劇を
楽しんでおります。

今、気になる現役生↓
凰稀かなめさん@かなめさま
蓮水ゆうやさん@ちーちゃん
早霧せいなさん@ちぎさん
望海風斗さん@だいもん
舞羽美海さん@ミミちゃん

あと、ドラマのチェックと、
嵐さんも好き(笑)な、
基本ミーハーな女です。
よろしくお願いします☆


☆リンクはフリーです☆



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



最近のコメント



木を植えてみました



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © 幸せの湖 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。