--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.12 *Thu

ツボをとにかく書き隊・5

すっかり宝塚モードに浸ってたところに、
突然、嵐さんの予約争奪戦が始まり、
完全に出遅れた、やぁです(え)
アルバムは・・・あきらめた。普通の買うよ!もう!
DVDはギリで間にあって一安心。
たーのーしーみー!!特に特典映像が!!!

が、まだまだ宝塚モード全開でございます。
昨日は久々にロジェをちょっとだけ観ました。
・・・実は、発売後すぐに購入したんですけど、
昨日、初めて封をあけまして(汗)(ええぇ(((( ;゚д゚)))
いやぁ~~~懐かしかった!特にプロローグ!!
この曲、大好きだったな~と。キュンとしました。
で、どこを中心に観たかといいますと・・・予想通り、
クラウス氏ですね!イエイ!!(・∀・)b(分かりやすい)
当時もオペラ完全固定で追ってたクラウス氏ですが、
映像で観ても、恐ろしいほどにイケメンでした。良いね!

では、青年館も始まる、ニジンスキー感想。
ようやくラストが近づいてまいりました。

あ、Sさま。拍手コメントからの情報もありがとうございます!
「山師」ですか!はぁ~~なるほど!!
「野蛮人」にしては聞こえ方が違うなーと思ってたんですけど、
「山師」という言葉を知らなかったので、
まったく浮かびませんでした(笑)勉強になりました!

では、書き隊へ。

☆ネタばれ注意☆




ニジンスキー夫妻がブダペストに軟禁されたとこから。

●ヴァーツラフとロモラの絆
部屋で、公演の対応に追われてるヴァーツラフ。
軟禁されて身動きがとれないので、
まいった感じで電話してます。
そこに現れるロモラとの、夫婦の会話が好き。
なんというか・・・
イメージ的にブワッと盛り上がって結婚した感じなので、
突然、こんな不自由な状態におかれたら、
もっとギスギスした関係になるんじゃないかと思ったんですけど、
とにかくロモラの包容力が凄い!!!!
どんな出来た嫁や!!!!。・゚・(ノД`)と。

細かいツボでいうと・・・
「ごめん・・・まだ寝てなかったんだね」とか、
「僕と結婚したばかりに・・・」とか、
ひたすらロモラを気遣うヴァーツラフ。
精神的にすごく参ってる様子なのに、超優しい。
というか、すごく夫っぽい。責任感というか、
家族を背負ってる感じがにじみ出てます。
むしろ、出すぎというか。
過去に、自分の父親が家族を捨てた記憶があるのか、
自分は必ず家族を守ろう、守らなければ!という、
義務感に駆り立てられているというか。
決して悪い意味ではなく、ですが。
そこも、彼が精神を病んでいった原因の一つなのかな~と。

そんな夫を気遣いながら、
優しく、穏やかに、でもドッシリと構えて見守るロモラが、
ものすごく安心できて・・・好き!!!
どんな悪い状況になっても取り乱さない度胸と、
出しゃばることなく、そっと見守っている包容力が、
なぜ、お嬢様育ちのロモラに宿ってるのか不思議なんですが(笑)
きっと幼いころから賢い子供だったんだろうな~。
華やかな世界にいる母を見ながら育って、
その表側と裏側を知り、処世術を自然と身に付けた、みたいな。
・・・にしては、まっすぐ育ちすぎか?(笑)
リサリサの教育の賜物、ということにしておこう(・∀・)(え)


妻と娘を愛しているけど、自分には何もできない・・・
と、悩むヴァーツラフ。
そこで、ハッと思いついたように机に向かい、
手紙を書き出します。
そう、セルゲイへの助けを求める手紙を。
・・・この手紙こそが、今後のヴァーツラフを縛り、
狂わせる原因となるんですねー。
にしても、あの表情はどういう意味があるのか・・・
苦渋の選択で、という感じでもないし、
希望がもてるような表情でもないし・・・うーん。
彼がどんな思いでセルゲイの存在を思い出し、
助けを乞う手紙を書いたのか。そこだけが謎です。

でもたぶん、迷う余地なんてなかったんでしょうね。
とにかく妻と娘を助けたい一心だったのかと・・・。
・・・純粋すぎるわー。・゚・(ノД`)

●バレエ団に復帰
記者や街の人々が歌うヴァーツラフ復帰の歌が、
すごく生々しい雰囲気で、ゾッとします。
ヴァーツラフとセルゲイの確執を噂しながらも、
「ま、色々あるんだろうよ」と笑う人々。
明らかに、最初の頃のヴァーツラフへの称賛とは違う、
好奇の眼差しで眺めている人々が怖い。
特に、「色々・・・ねぇ?」と、
ニヤッと笑うさらさちゃんが超怖い!!(;´Д`)

そこに現れるヴァーツラフが・・・
衣装のせいだと思うんですけど、一気に痩せたというか。
周りにおびえて、小さくなったように見えて、
すごく痛々しいです。
また、ここからのダンスが・・・。・゚・(ノД`)
踊るたびに記者たちのカメラのフラッシュに戸惑い、
彼らの質問攻めに拒絶し、逃げていると、
今度はセルゲイの影がどんどん迫ってきて・・・
恐怖に叫びながらも踊り続け、ついに倒れるヴァーツラフ。
・・・この一連の流れが、本当に見てて辛い。
音楽もどんどん切羽詰まった感じで追いたててきて、
それに追われるように悲鳴をあげるちぎ太さんが、
すごくリアルで・・・うはぁー。・゚・(ノД`)

また、セルゲイの影が怖いんですよねー。
記者や街のひとたちが持ってる新聞を広げると、
セルゲイの顔写真が加工された絵になってて。
どこへ逃げても、かならずセルゲイがいる・・・という、
逃れられない恐怖と、もっと複雑な想いがあるのかなーと。

倒れたヴァーツラフが、ふたたび起き上り、
天を仰ぎながら腕をカクカク上げていくのを見て、
「あぁ、心が壊れていってる・・・」とゾッとしました。
この一場面の中で、ちょっとずつ追いつめられていき、
最後に壁が崩れ、心が崩壊する・・・という流れが、
周りの歌と、ちぎ太さんのダンスで表現されてるのが、
すごく分かりやすいし、素晴らしいな~と思いました。

●ヴァーツラフとロモラ、アドルフ
様子がおかしくなったヴァーツラフを心配するアドルフ。
・・・ライバルやったのに!いいやつ!!。・゚・(ノД`)

ここで好きなのが、
「これまで、あんな踊りしなかったぜ」と心配するアドルフに、
「あなたもそう思う・・・?」というロモラ。
取りみだすことなく冷静に、現実を受けめて、
でも不安で一杯・・・なロモラにキュンキュンします。

そこに現れる、舞台を終えたヴァーツラフが・・・
もんんんんんのすごくゲッソリしてて。・゚・(ノД`)
魂が抜けた状態といいますか。
辛うじて動いてます、という抜け殻の状態なのに、
踊ることに固執してる・・・というか。
「踊らなきゃ、食えない」
とフラフラしながら言うヴァーツラフが、見てて苦しい。

見るたびに思いましたが、本当にこの人が、
一幕でイキイキと踊ってた人と同一人物なのか・・・
疑ってしまうほど、別人になってるのが凄い。
上手からフラフラあるいて登場するのを見ながら、
サーッと自分の血の気が引いていくのを感じるほど。
・・・人間って変わるものですねぇ。凄い(しみじみ)

でも、もっと苦しいのが、一人になった時の歌かな~。
ずっと歌ってきた主題歌なんですけど、
「翼が燃えても、イカロスのように飛ぼう」みたいな歌詞が、
「翼は折れ 羽が舞い散る」みたいな内容になってて・・・
その瞬間に、ちぎ太さんの周りに黒い羽が見えるんですよね。
・・・あくまで私の妄想で、ですけど(え)
ブワーッと黒い羽が舞い散る中、笑い泣くヴァーツラフを見ながら、
「一幕では、真っ白な翼を持ってたのにな・・・」と、
もんんのすごく切なくなります。・゚・(ノД`)



でも、この時点ではまだ「ひとかけら」くらい、
ヴァーツラフの心が残ってるんですよね。
それが完全に崩壊してしまうのが・・・この後ですねー。
あぁ、後半は書いててシンドイので、なかなか進まない(汗)
が、ここまできたからには最後まで書きたいー。

では。
CATEGORY : ニジンスキー

COMMENT

手に汗握って読んじゃいました!!
ちぎちゃんの演技の素晴らしさ
本当に成長したなぁと、ウルウルです
いよいよです♪
しっかり目に焼き付けてきます!!!
2011/05/12(木) 23:55:33 | URL | majominarai #s3Yh5d3. [Edit
☆コメントありがとうございます!☆
>majominaraiさま
いよいよ青年館がスタートしましたね!
一週間と短い期間ですが、
多くの人に、あの感動を感じてほしいです!
あぁぁぁーーーーーーーーーー行きたいっ!(笑)

私は関西の地で、感想を書いてストレスを発散します!(笑)
2011/05/13(金) 21:13:44 | URL | やぁ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

やぁ

Author:やぁ
日々ゆらゆら生きている、
やぁと申します。
宝塚&その他舞台演劇が
大好きです!!

ご贔屓さまが卒業された後、
のーーんびり宝塚観劇を
楽しんでおります。

今、気になる現役生↓
凰稀かなめさん@かなめさま
蓮水ゆうやさん@ちーちゃん
早霧せいなさん@ちぎさん
望海風斗さん@だいもん
舞羽美海さん@ミミちゃん

あと、ドラマのチェックと、
嵐さんも好き(笑)な、
基本ミーハーな女です。
よろしくお願いします☆


☆リンクはフリーです☆



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



最近のコメント



木を植えてみました



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © 幸せの湖 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。