--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.03 *Wed

マリポーサ感想・2

久々(といっても2日ぶり)にAQUA新曲のDVDを見て悶絶。
・・・もう堪らんな!!!!!!(鼻息荒く)


買った当初はメイキングばかりを見てたんですけど、
PVもなかなか面白い。というか、みんな可愛すぎ!!!
一番の悶えポイントは・・・ナツキさんの指差しポーズ。
あれは反則ですよね~。そんな狙ったポーズしちゃって・・・
んもうこのヤロー!!(´∀`*)(はい、すいません)

あと天然の反則者(おい)・・・それは、かなめさま。
たまに、恐ろしいほどの優しい笑顔でニコ~って笑うんですよ。
それまで普通の美しい顔をしてたのに、突然・・・
ニコ~っと笑うんですよ。ほんと、ニコ~って。
・・・・・・・・んもーダメ!!!!(*´Д`*)(はい、すいません)


いやはや。AQUA5って凄い(真顔)


では、ダラダラと続くマリポーサ感想の続き。

☆ネタバレ注意☆

ちょっと第4場クラブの続き。

エスコバルがロジャーと去った後の、
セリアとネロの「ありがとう」「何が?」が好き。
「何が?」とか「何を心配してる?」というネロの表情が、
もんんんんんんんのすごく眉間にシワ寄ってて、好き。
以上。(おい)

第4場 裏口

リナレスと話をしようとするネロ。

リナレスって、本当にキムちゃん!!!って感じ(何それ)
表向きは華やかで明るいんだけど、内には熱い思いを秘めてて、
ちょっと一途すぎる危うさとか、狂気も抱えてる青年。
そういう役がこれほど似合う人もいないよね!と、
見るたびに感じてます。もうピッタリだ。
2面性を持った役が似合う人は沢山いると思いますが、
「狂気」が似合うのは・・・キムちゃんなんですよね、私の中では(笑)

この場面のリナレス台詞は、結構ツボ。
「たとえどんな犠牲を払おうとも~」とか。
「僕らの怒りを見くびらないでくれ」とか。

・・・若いな、青年!!!!!(´∀`*)(何様だ)
自らの信じる道を突き進もうとしているリナレスと、
絶望や痛みを知ってるが故に説得しようとするネロの対比が面白い。

ちなみに。
「あなたは嫌いな人間じゃなかったよ」
どこかで使ってみたい台詞ナンバー1。(どんなシチュエーション)

第5場 カフェ

エスコバルとアリシアの掛け合い。

ここは、2人とも台詞はちゃんと決まってるけど、
日によってタイミングとかリアクションが違って面白いです。
というか・・・・日によってネロが入ってくるタイミングが違うから、
アリシアの動揺が本物っぽくて面白い(笑)

ある日、ネロが入ってくるのが遅かったのか、
アリシアにしつこく(でも可愛い~♪)迫られたエスコバル、
ついには「早く帰れよ!」と叫んでました(笑)ナイスゆみこちゃん。


そして気になるのが、カフェの店員さゆちゃん。
・・・結構ネロとエスコバルの会話を聞いてますよね?(笑)
気の無い振りをしながら心配そうな顔で見てるのがツボ。
ガムか何かをずっと食べてるのもツボ。
2人が瓶をカウンターに返すと、素早く次の瓶を出すのもツボ。

・・・せっかくだから、一言くらい喋ってもいいんじゃない、ハリー(´д`;)


ネロとエスコバルの親密な空気(妄想)を邪魔しにくるのが、
ロジャー@かなめさま。イエス!!(´∀`*)b
私の大好きな水ゆみテルが一つのテーブルを囲んで芝居するなんて、
まさにマイドリームですよ!!ありがとうハリー!!

そんなロジャー。
どうやら、かなめさまは毎日かなり緊張しているらしいのですが・・・
全然そんな風には見えないのが、かなめさま(´∀`*)(え)
(さすがに、初日はちょっと緊張が伝わってきましたけど)
先輩の水ゆみを相手に、物怖じせずデカイ芝居ができるなんて、
かなめさまは大物だと思います・・・え、そう思ってるの私だけ?(汗)

記者を装ったCIAということで、かなりの切れ者だと予想してたら・・・
ちょっと調子にのった、軽いノリのアメリカンだったけどね!(・∀・)
完全にネロとエスコバルに馬鹿にされてるし(笑)

でも、2人と喋りながら・・・たまに鋭い目つきになるのが好き。
なぜかエスコバルが背を向けた時に目つきが変わる事が多いんですけど、
そこで目つき変えても、ネロが見てるから!と思ったり(笑)
そんなウッカリがロジャーっぽくて良し(おい)(私個人の勝手な感想です)


第6場 イスマヨール邸

イスマヨールって、ネロの事・・・好きですよね!
ネロも、イスマヨールの事・・・好きですよね!!(´∀`*)(笑)

お互い、ただの取引相手というだけではなく、
親子のような・・・そんな親しみを感じます。特にネロ。
商売の為、他人に愛想を振りまくことは多少あるでしょうが、
イスマヨールへの態度は、愛想ではないような気が・・・。
なんというか、「心を許す」までいかないにしても、
「守りたい人」とか、歌にもある「悲しませたくない人」とか・・・、
彼も、彼の家族も平和に暮らして欲しいと願ってるのかな~と。
きっと、セリアの家族だから・・・という理由だけじゃないはず。

ちょっと先取りしすぎですが・・・芝居の後半でネロが、
「もっと素晴らしい世界で君を愛したい」とセリアに言いますよね。
きっとネロにとって、イスマヨールもその世界の人なんですよ。
とにかく平和に、傷つかないで暮らして欲しいと願う人々。

それと似ているようで、全く違うのがエスコバル。
彼は、ネロにとって自らと同じ世界に生きる人であり、
ともに共通の思想とか、感情を抱いてる人。
ただの相棒でもなく、元部下と上司でもなく、友達でもなく、
「同じ人間」なんですよね。
自らの生きる世界の苦しさ、痛みを共有しあえる、
唯一の人間、それがエスコバル。


・・・あれ、結局エスコバルの話になってるよ!(笑)
しかも、この7行を書くのに30分かかったし(・∀・)(マジで)
奥が深いわ~ネロとエスコバルの関係は・・・。

と、気が遠くなったところで、今日は終わり(オチなし)


COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

やぁ

Author:やぁ
日々ゆらゆら生きている、
やぁと申します。
宝塚&その他舞台演劇が
大好きです!!

ご贔屓さまが卒業された後、
のーーんびり宝塚観劇を
楽しんでおります。

今、気になる現役生↓
凰稀かなめさん@かなめさま
蓮水ゆうやさん@ちーちゃん
早霧せいなさん@ちぎさん
望海風斗さん@だいもん
舞羽美海さん@ミミちゃん

あと、ドラマのチェックと、
嵐さんも好き(笑)な、
基本ミーハーな女です。
よろしくお願いします☆


☆リンクはフリーです☆



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



最近のコメント



木を植えてみました



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © 幸せの湖 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。