--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.12 *Tue

灼熱の感想・1

そういえば。
ニジンスキーDVDを木曜に買って以来、
毎日のように見てます(・∀・)
時間が無くて、まだ2幕は通して見れてませんが、
最初の「金の奴隷」は何十回と見ました(え)
・・・しあわせ!。・゚・(ノД`) (どうした)
とにかく美しい。何度見ても美しい。
軽やかで、気高く、力強い美。
特に鳥肌が立ったのは、階段を下りてポーズする瞬間。
青っぽい照明の中にスモークが浮かび上がり、
まるでヴァーツラフから立ち上るオーラのように見えて、
すごくキレイでした。

あと、完全に精神を病んでしまう場面で、
発狂し、落ち着いた後に顔を上げた表情が・・・
ここここここコワ!!!(((( ;゚д゚)))(動揺)
白目になってるのかと思ったら、
ものすごい上を睨んでるんですね・・・。
何度見てもゾワッとします。凄いよ、ちぎ太さん。

あとあと、例の動揺シーンは映像で見てもやっぱり動揺するな、とか。
稽古場のちぎ太さんが細すぎるな、とか。
稽古場映像に動揺シーンが入ってて動揺するな、とか。
ていうか、ちぎ太さんの顔が色っぽすぎるな、とか。
そして緒月さんの顔がマジすぎるな、とか(え)
やっぱり翔くん可愛いな、とか(突然)
書きだしたらエンドレスで書けるんですけど、やめときます(汗)
あ、でも動揺シーンで、セルゲイの話を聞きながら、
自分の爪を触るヴァーツラフがバッチリ映ってて嬉しかった!
編集さん、気が合うね!!!!(・∀・)b(マニアック)

にしても・・・みんなH2$とキャラが違いすぎて面白い(笑)
こんなシリアスな物語を繰り広げていた人たちが、
今、あんな面白い状態になってるとは(笑)
しかも、見事に3人とも濃いめのお笑い担当(笑)
いや~~ニジンスキーとH2$を同時に見れて、幸せだわ(´∀`*)  


では、今日はもうすでに忘れそうな(え)
灼熱のバウ感想を。

☆全力でネタばれしてます。ご注意ください。





カツカツスケジュールで見たので、
あんまり記憶が残ってないんですけど(おいこら)
とりあえずMYメモリーの為に、書き遺します。
色々、真実と違うかと思いますが、流して下さい(え)


「灼熱の彼方 オデュセウス編」

とりあえず、「灼熱」を猛烈アピールしてたな、と。
主題歌が「灼熱の~彼方に~♪」を連呼するものだったので、
どう頑張っても、終演後の鼻歌はコレになる、という(笑)
どんだけ灼熱!!!!(;´Д`)

あと、鈴木先生の演出だったんですけど、
鈴木先生だね、という感じでした(え)
後ろからハグするの好きだね・・・先生(笑)
好きなんですけどねー鈴木先生。顔が(←そこ?)

話は、うん、なんだろう。
とりあえず最後は何なんだ、と(笑)
島流しにされたヒロインが「もうすぐ死ぬのね」みたいに佇んでると、
後ろからヒーローの歌声が。
どんだけお約束!!と、この時点で腹筋が痛かったんですが、
ここで衝撃の一言。
「君の船が出るのが見えたから、急いで飛び乗ったんだ!」(←意訳)
・・・え、一緒に乗ってたの(・∀・)
どこに隠れてたのさ。ていうか、誰も気づかないとか、
どんだけ大きい船やねん!!!(叫)

ていうか、正直ヒロインが佇んでる時、背景も何もないので、
「きっと今から船に乗って流されるんだろなー」と思ってたら、
まさかの「飛び乗ったんだ」発言で、
あ、もう流された後なのね、と分かったという・・・
どないやねん!!!な展開でした(笑)



あぁ、だめだ。ツッコミしか出てこない(笑)
ま、そんなツッコミ満載の作品でしたが、
私的には不快に思うようなツッコミ所は無かったので、
イライラすることもなく(笑)比較的楽しみながら、
雪組ッ子たちの頑張りを感じられたのが良かったです。


では、個人別に。

●オデュセウス@咲ちゃん
さすが新公の主演もこなしてる咲ちゃん。
かなりの安定感でした。やっぱり華があるね!!
今まで本公演では上級生との芝居が多かったので、
どうしても若さが目立つというか、
まだまだ男役っぽくないように感じてたんですけど、
同じくらいの年代の子たちとの芝居だからか、
すごく年相応の、好青年に見えて良かったです。
あぁ、こりゃスターだね!!!と(´∀`*)

歌も抜群にうまかった!!!良い声してるわ~。
まだまだ成長過程、という感じではありますが、
もっといろんな経験を積んでいけば、
どんなステキな男役さんになるんだろう!!!
という期待を抱かせてくれる、そんな咲ちゃんでした。

にしても、もともと背が高いのに、
1幕でモヒカン兜をかぶりすぎ!!!!!(爆笑)
デカイから!!!目立ちすぎだから!!!。・゚・(ノ∀`)
あのモヒカン・・・ロシアンブルーでちぎ太さんが持ってたけど、
実際に被ってる人は初めてみたかも。
しばらく赤いモヒカンから目が離せませんでしたよ(笑)


●コモドゥス@翔くん
ドSのイケメン・・・!!!!!(´∀`*)
とにかく登場しただけでパッと明るくなるような、
華やかさを持った人でした、翔くん。
ものすごいイケメン!!ものすごいキラキラ!!
そして、とてつもなく暴君!!!!(笑)
一応、妻がいるのに、昼間から女の子をはべらして遊んだり、
なんの躊躇いもなく、人を処刑したり殺したりする、
絵に描いたような暴君っぷりだったんですけど、
それがまた似合う!!!(笑)(いい意味で)
迫力とか威圧感とかは、まだまだだと思いますが、
あまりのドSキャラの似合いっぷりに、トキメキがとまりませんでした。
翔くん・・・いいね!!!(´∀`*)b(え)

あとは、妹にだけは笑顔を見せるという、
シスコンの王道をいくキャラ設定に感動(´∀`*)(←設定て)
安心したような、優しい微笑みを浮かべる翔くんは、
ドSの時とはまた違う魅力があって・・・・キュン。

オデュセウス編では、どうしてコモドゥスが暴君になったのか、
明らかにならないまま終わってしまったので・・・
コモドゥス編が非常に気になります。見たいよぉー!
あのイケメンが、いかにしてドSキャラに変化したのか、
すごく気になります。
とりあえず、ヒロイン(アンヌ)にフラれたから、とか、
オデュセウスへの嫉妬心から、とかじゃないことを祈る。
あとは・・・王の本当の子じゃない、とか?
(若干、そんな雰囲気の場面があったので)(気のせい?)
でも、そんなんで暴君になるか?(;´Д`)




あぁ、2人しかかけなかった(汗)
まだ続きますー。

CATEGORY : 雪組

COMMENT

初めまして
初めまして!ニジンスキーのときからちょくちょく遊びに来させて貰っています。というか、ニジンスキーのあたりからやぁさんの書かれるレポのファンです♪毎回毎回舞台が忠実に再現できる素晴らしい記憶と、愛情たっぷりな感じが最高です。感心しながら、共感しながら楽しませて頂いています。というか、突っ込みがいちいち楽しすぎる…!笑
私もニジンスキーのDVDを昨日買ったばかりなんですが、あのシーン本当に恐いですよね。夜にあのシーンだけ見てしまって今日は寝不足です。笑
初めてなのにまとまらないコメントになってしまってすいません!またコメントさせてもらいます♪
2011/07/12(火) 21:38:51 | URL | さくら #- [Edit
☆コメントありがとうございます!☆
>さくらさま
コメントありがとうございますー!!
いやー全く忠実じゃないですよ!!9割妄想ですよ!(汗)
愛情は過剰なほどに込めまくってますので、
感じて頂けていると嬉しいです(笑)(きもちわるい)

ね、あのシーン。凄いですよね~。
客席で見てた時も「凄い迫力だわ・・・」と思ってましたが、
映像として見ると、より鮮明に見えて・・・
ひぃーーーーーーー!!(震)という感じでした。
ちぎ太さん、本当に凄い!!完全にヴァーツラフが乗り移ってますね。

またぜひ!よろしくお願いします♪




2011/07/14(木) 01:30:02 | URL | やぁ #- [Edit
ニジンスキーDVD
私も毎日DVD観てますよー。これが動揺シーンか!と思って観たのですが、青年館千秋楽の最も濃いバージョンを先に観たせいか、バウの時は意外とあっさりしてたのねーって思ってしまいました。確か手をシャツの間に入れようとしてたよなあ、とか。まあスカステで1年後に青年館バージョンは放送されるので、楽しみにしようと思います。
それにしても、ニジンスキーよかったです!歌劇でもちぎちゃん好評、きたさんにいたっては絶賛でしたよね、納得です。アップのちぎちゃんの美しいこと、色っぽいこと。何回も観たくなります。ストーリーとしては、セルゲイにどうしても感情移入しちゃって、セルゲイがヴァーツラフへの強い感情を口にするたび、ヴァーツラフは苦しそうな表情をするんですよね、違うんだ、って顔を。その辺が切なくてしょうがなかったです。勝手に結婚したら怒るにきまってるじゃん、ねえ。ヴァーツラフも辞める覚悟で結婚したんじゃなかったんですね。やっぱり子供なんですね。
動揺シーンは覚悟できたたんでふつーにキャーって叫んでたんですが、ちょっとドキッとしたのが、セルゲイが「身も心もとらえて離さない」って言ったところで、「身も」ですか?って反応してしまいました...そういう意味じゃないんですかね?あと、2幕の最初の方でもどこから腕差し出すんですかーって場面でドキドキ。自分では意識してないんですが、思い出してにやけている時があるらしく、子供に「なんで笑ってるの?」と言われることがあります。
2011/07/14(木) 14:31:24 | URL | かなこ #bOurk9sE [Edit
☆コメントありがとうございます!☆
>かなこさま
青年館のを最初に見られてたら、
バウのはそんなに動揺しないかもですねー(笑)
でも、あれを最初に見ると、そうとうでしたよ・・・私は。
(というか、いまだに動揺する)(笑)

セルゲイに感情移入するの、わかりますー!!
私も完全にセルゲイの気持ちでみてたので、
彼が伝わらない愛に苦しんでるのを見てキュンキュンしました。
ヴァーツラフは、きっと純粋すぎるんですよね~。
セルゲイの鳥籠から抜け出したいんだけど、
完全にセルゲイを嫌う、憎むことは出来ないから、
そのままロモラとの愛に突っ走り、セルゲイを傷つけ・・・
うーん、難しい関係ですわね。

「身も心も」って、そこに喰いつかれましたか!(笑)
いやーたぶん、いろんな意味が含まれてるかと(笑)
2幕の腕差しは、初めて見た時に超動揺しました。
まさか抱きしめる!?後ろから!?と思ったら、
そのまま腕を持ち上げて事なきを得た(←え)んですが、
ちょっとビクッとしますよね。なんか(笑)
その後の、腕を方からなぞるのもドキドキします。
緒月さん、いちいち動きがセクシー!!(照)

2011/07/15(金) 21:41:48 | URL | やぁ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

やぁ

Author:やぁ
日々ゆらゆら生きている、
やぁと申します。
宝塚&その他舞台演劇が
大好きです!!

ご贔屓さまが卒業された後、
のーーんびり宝塚観劇を
楽しんでおります。

今、気になる現役生↓
凰稀かなめさん@かなめさま
蓮水ゆうやさん@ちーちゃん
早霧せいなさん@ちぎさん
望海風斗さん@だいもん
舞羽美海さん@ミミちゃん

あと、ドラマのチェックと、
嵐さんも好き(笑)な、
基本ミーハーな女です。
よろしくお願いします☆


☆リンクはフリーです☆



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



最近のコメント



木を植えてみました



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © 幸せの湖 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。